イラスト解説 あの世への旅立ち

あの世への旅立ち〜エルカンターレ信仰で生涯現役から来世幸福を目指す!

「死後、あの世で、まだ命があるのか、ないのか」という点については、真実を知らなくてはなりません。経典「神秘の法」より

人生修行を終える

死後0時間 魂が肉体から抜け出す

(1)心肺(しんぱい)停止(医学的死)

心臓が止まり、肉体が死ぬと、魂は肉体を抜け出し、多くの場合、天井のあたりから自分の肉体を見下ろします。この段階では、魂と肉体をつなぐ「霊子線(れいしせん)」がつながっており、魂は肉体の痛みなどを、まだ感じています。

死後約24時間 本当の死

(2)通夜(つや)

通夜式が、通常、死後一日置いて行われるのは、魂と肉体をつなぐ「霊子線」が切れるのを待つためです。死んですぐ荼毘に付すと、魂と肉体がまだつながっているため、魂は苦しみ、安らかにあの世に旅立てません。

死後数日〜約1週間 死の自覚が進む

(3)葬儀

葬儀は単なる儀式ではなく、亡くなった方の魂が自分の死を悟り、この世や家族への執着を断って、あの世への旅立ちの必要性に気づく機会です。僧侶の読経は、本来、亡くなった方にそのことを悟らしめるために行われるべきものです。

死後7日〜49日ごろ 死後の行き先決定

(4)初七日〜四十九日

魂は、死後、七日間くらいは自宅周辺にとどまっていますが、死後、四十九日ほどたつと、「導きの霊」などに、あの世へ旅立つことを本格的に促されます。魂が安らかにあの世へ旅立てるように、「初七日」や「四十九日」などの節目で法要を行うのです。

死後49日以降 時々地上を見にくる

(5)埋葬

昨今、「散骨」や「樹木葬」などが流行っていますが、お墓は、死後、自分が死んだと分からずに迷っている魂に、死を悟らしめる縁(よすが)となります。また、遺された人々が、故人に供養の心を手向けるときの、「アンテナ」のような役割もあります。お墓をつくり埋葬することは、大切なことなのです。

死後数カ月以降 時々この世とつながる

(6)お盆、その他の供養

お盆になると、先祖供養が盛んに行われます。お盆の時期には、霊界と地上との交流が盛んになり、「地獄の門が開く」とも言われています。また、新盆(にいぼん。死後、初めてのお盆)を過ぎても、ときどき、先祖を供養することで、天国に還った霊人はもちろん、地獄に墜ちた方にも、光を手向けることができます。(※ただし、供養する側の悟りが低いと、死後、迷っている霊の悪しき影響を受けることもあります。まず供養する側が、あの世の知識を学び、心の修行を重ねていることが大切です。)