幸福の科学の霊園 来世幸福園

幸福の科学葬儀(通夜式・帰天式)の意義

来世幸福園とは

 霊園では、様々な法要や儀式、祈願・研修が執り行われており、納骨された故人に対しましては、毎日、来世幸福園の経文である『来世幸福の祈り』と『仏説・正心法語』の経文読誦供養(きょうもんどくじゅくよう)が手向けられています。

ページトップへ

来世幸福園の納骨壇への納骨について

 来世幸福園の納骨壇は、霊界のアンテナみたいなもので、納骨壇というきっかけがあって、あの世に通じる力となります。
 また、納骨壇は、あの世に行った時の保険のようなもので、代々供養してもらえるシステムなのです。
 納骨の際には、「納骨法要」を執り行い、故人の来世の幸福を祈ります。

 納骨後は、毎日、『仏説・正心法語』、「来世幸福園」に賜った『来世幸福の祈り』などの読経供養が行われ、仏の光が手向けられます。

 先祖にとって、子孫が、供養の念いを手向けてくれることは、なによりもうれしいことです。供養される念いの量が多ければ多いほど、それがあの世の霊人の霊格向上の縁となります。

  来世幸福園での納骨法要の様子
ページトップへ

来世幸福園の儀式・法要について

幸福の科学葬儀(通夜式・帰天式)
 幸福の科学葬儀を執り行うこともできます。

納骨法要(遺骨を納骨壇に納める法要)
 故人の来世幸福を願い、エル・カンターレ系霊団とのご縁を深める機会として「納骨法要」を執り行います。三帰誓願を受けていない故人に対しては、法要前に死後三帰誓願式を行います。なお、一回の法要で複数名のご遺骨を納骨できます。

帰天日法要(節目に故人の来世の幸福を祈る法要)
 伝統仏教の年忌法要や祥月命日法要にあたります(神道やキリスト教では追悼儀礼といいます)。一周忌・三回忌、七回忌、十三回忌などの節目や、毎年の故人の命日になど、ご希望に応じて行う、故人の来世の幸福を祈る法要です。
 ※祥月とは年に一度巡ってくる、故人の帰天日のこと。

月命日法要(月の命日に故人の来世の幸福を祈る法要)
 ご自身の納骨壇に納骨されているすべての故人に、帰天日法要と同じ供養を行う法要です。

お墓参り読経供養
 お墓参りの際に、納骨壇の前で導師とともに、読経供養を行うものです。
 諸般の都合により、直接お墓参りに来ることができない場合には、依頼によるお墓参り読経供養(ご遺族にかわり、出家僧が読経供養を行うもの)を、お勧めいたします。

来世幸福法要会
 来世幸福法要会とは、春と秋の彼岸、お盆の時期に、年三回、来世幸福園に眠れる数多の仏弟子の諸霊の栄誉を讃えると共に、ご先祖への供養と来世幸福を祈る、集合形式での定例法要です。

ページトップへ

総本山・那須精舎付属 来世幸福園

総本山・那須精舎付属 来世幸福園

 2004年4月15日、さわやかな風が吹き渡る那須連山のふもと、幸福の科学 総本山・那須精舎の境内に、来世幸福園が開園しました。

 霊園の中心には、幸福の科学・総本山の奥の院の礼拝堂として「大ストゥーパ」が建立されています。大ストゥーパには、地球系霊団の至高神、主エル・カンターレの御降臨と、人類を来世幸福へと導かれる慈悲のお姿を象徴したエル・カンターレ像が御安置されています。総本山・那須精舎、来世幸福園での礼拝の中心となっています。

 また、大ストゥーパの横には、「地の果てまでも伝道せよ。」と御本尊の台座に刻印された、「全世界伝道祈念堂」が建立(2010年1月)されています。

 そして、仏弟子の納骨堂として、在家菩薩堂、三帰誓願堂、涅槃堂の3つのお墓が、大ストゥーパのまわりに建立されています。
仏陀像

宗教法人 幸福の科学
総本山・那須精舎付属 来世幸福園
〒329-3434 栃木県那須郡那須町梁瀬493-1
TEL.0287-75-6102
ページトップへ

聖地・四国正心館付属 来世幸福園

聖地・四国正心館付属 来世幸福園

 インドの仏陀が本仏主エル・カンターレとして再誕された聖地・四国。
2011年5月27日、「新しき天地の始まり」の地である「本仏降臨の聖地」を未来永劫お護りする霊場として、聖地・来世幸福園が開園しました。

 来世幸福園の中心である礼拝堂には、エル・カンターレ像が御安置され、その周りに納骨堂として「転生幸福堂」が建立されております。
 転生幸福堂には二つの拝殿の間があり、拝殿Iには主エル・カンターレの大日如来的側面を象徴する仏陀像が御安置されています。拝殿IIには、主エル・カンターレの阿弥陀如来的側面を象徴する仏陀像が御安置されております。
仏陀像

 聖地・来世幸福園は、子々孫々にまで、本仏降臨の偉大な真実とエル・カンターレ信仰の種子を継承していく一大聖地霊園です。

宗教法人 幸福の科学
聖地・四国正心館付属 来世幸福園
〒772-0051 徳島県鳴門市鳴門町高島字竹島150
TEL.088-687-2507