幸福の科学の教えに基づく儀式

来世幸福への旅立ち−幸福の科学の葬儀・納骨について−


幸福の科学葬儀(通夜式・帰天式)の意義

 葬儀の意義は、死者に対して霊的自覚を促し、死後、光の世界に導くことです。これが引導を渡すということです。

 幸福の科学葬儀では、法華経や般若心経に比べて一万倍もの力がある「真理の言葉『正心法語』」など、主エル・カンターレの御光による圧倒的な光の導きで“来世幸福への旅立ち”となります。
 また、参列される縁ある方々への、幸福の科学の教え(霊的人生観)にふれていただく機会です。

  帰天式会場イメージ
ページトップへ

幸福の科学葬儀と伝統的な葬儀との違い

 幸福の科学葬儀は、主の教え、仏法真理に基づく儀式です。
 葬儀は、霊界入りしたばかりで、とどまっている魂に対して、死後の世界への導きを与えることです。
 従って、伝統的な仏教の流れを受け入れつつも、霊的人生観に基づく新たな葬儀の型を創ってまいります。

ページトップへ

幸福の科学葬儀(通夜式・帰天式)の流れ

葬儀の流れ

通夜式の理念
 肉体と魂をつなぐ霊子線が切れ、魂が肉体から離脱するのに、約24時間かかります。
 通夜式では、経文を読誦し、死に関するわかりやすい導師法話や、故人の知人からの送別の言葉を通じて、故人の霊的自覚を促します。

帰天式の理念
 帰天式では、主の直接金口の「総本山・先祖供養経」読誦(CD)による御光を賜り、「エル・カンターレへの祈り」をはじめ、経文読誦等を通じ、霊界入りした魂に対して、自らの死を自覚させ、死後、光の世界への導きを与えます。

遺骨迎えの儀と会食
 最近では、「遺骨迎えの儀」を省略し、葬儀当日に、「初七日法要」を繰り上げて執り行う(「付七日」)ことが多いようです。しかし、当会では、「遺骨迎えの儀」を行い、「付七日」の概念を持ちません。また、葬儀終了後には「精進落とし」という表現ではなく、「会食(お斎)」を行います。

 

 

※葬儀の実施(運営)には、ご遺体の搬送や棺、火葬場の手配等の為、葬儀業者が必要です。

ページトップへ

喪主・遺族の声

 夫との死別の悲しみを乗り越えられました。
  心に残るすばらしい時間でした。

 読経(経文)が現代語で分かりやすく、
  一般の方々も感動されていました。

 遠方から集われた親族が葬儀本来の意義を知り、
  読経供養や導師法話に感動されて信者になりました。